editing disabled

English

Ervin Wilson1928年生まれ)は、メキシコから北西に遠く離れたチワワの生まれであり、そこに15歳まで住んでいた。母は彼にリードオルガンの演奏法と、楽譜の読み方を教えた。Wilsonは、若いときから作曲を始めていたが、すぐに彼の心の中で聴くいくつかの音が、慣習的なオルガンの音程では再生されないことを発見した。ティーンエイジャーだったとき、インド音楽の本を読み始めた。そして、ラーガについて興味を膨らませた。日本の空軍にいた時、見知らぬ人が彼に音楽の和声学を紹介した。それが、彼の人生と仕事の方向性を変えた。Joseph Yasserによってさらに影響され、Wilsonは音楽の音階を、生きたプロセス、たとえば結晶や植物のようなものと考え始めた。彼はまた、log2を再発見し、EDOの組織的な探求を始めた。171922、そして31EDOが、特に心地よいことに気づいたのである。彼はたくさんの良き作曲家と楽器の製造者をもっていた。彼の研究のゴールは、作曲家と聴き手が、音楽的にとっつきやすい、エキゾチックな音階を作ることである。"I sculpt in the architecture of the scale. Other people come along and animate it".「私はスケールの構造で彫刻をする。他の人は参加し、命を吹き込む。」


Erv Wilson on Wikipedia
The Wilson Archives (collected papers)
video The Sonic Sky